読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京タラレバ娘を見たんだけども

面白さは確かにある
ただ、それを圧倒的に上回る 「怒り」

すぐにゴミ箱に捨てた。
はじめてよ、ここまでの怒りをもった漫画は。

※ネタバレありますので。






一つずついきますね。

あらすじ
「タラレバばかり言ってたらこんな歳になってしまった」
脚本家の倫子(33歳)は、恋も仕事もうまくいかず、同じくアラサ―独身女子の香、小雪と焦りながらも「女子会」を繰り返す日々。
「キレイになったらもっといい男が現れる!」
「好きになれればケッコンできる!」
そんな話しばかりしていると、突然、金髪イケメン男子(年下)に「このタラレバ女!」と言い放たれてしまい…。


ここで、気づくでしょう。
なんやかんやでメインキャラの倫子と金髪イケメンが結ばれるということを。

このイケメン、今話題の若手モデルのなのね。
そして、タラレバ女たちがくっちゃべってる居酒屋の常連で
女どもに悪態つくの。結構な正論を。
ここは読んでてスカッとする。(自分に言われてるようで辛いけど。)

しかし、このイケメンはタラレバ女への悪態だけで終わらないからたちが悪い。 すんごいこいつ嫌い

例えば、倫子(は脚本家なのね)の次の仕事のキャスト候補に上がって顔合わせきたとき
倫子の同僚と得意先の人がいる目の前で
「この口うるさい人(倫子)がつまんない脚本書いた人なんですね」
っていうの。

なに言ってんのこいつ。

確かに、倫子も悪いんよ。大人げない行動とって。
※この漫画のタラレバ女はみな性格クソ


二人きりのときに悪態ついてもいいけど、一応オフィシャルな場でしょ? 遊びにきてんの?学生なの? ってなった。

白けたわ。
結局倫子は担当はずされるしね。


まあでもこれが、担当外すためのあえての行動なら許した。


しかしその後、奴のとった行動と言えば


自棄をおこした倫子の元にタクシー代3万出してかけつけて
倫子へ枕営業強要。


え、意味わからん。


そこに応じる倫子。


これまた意味わからん。


そもそもそんな簡単にヤれるんなら、結婚できるのでは? それともイケメンだからヤったんか? (後者の可能性大。)


はーあ。ゴミ箱捨てたよね。即効


あと、このタラレバ女
メンバーの実家の居酒屋でぎゃーぎゃー騒いで悪態叫ぶような奴等なの。

嫌い。


結果、メインキャラの誰も好きになれなかった作品だった。

当然もう買わない。